ODEN

アートチーム おでん

 

アーティスト一人ひとりは、おでんの具です。様々な具はひとつひとつの個性。

ひとつの具でも美味しいけれど、色んな種類の具が合わさり煮込まれ、個性豊かな具は旨味の詰まった作品を生み出して行きます。

これから起こる様々な、おでんの調和をお楽しみください。

 

日本人なら誰もが知る”おでん”という言葉には一度聞いたら忘れないインパクト。

わたしたちのアート作品には、ちょこっと笑える遊び心とインパクトがあります。和食は世界遺産にも登録され、世界からも注目されています。

ODENのアート活動はワクワクとドキドキを世界に向けて発信して行きます。

 

HAPPY&LOVEをテーマに、それぞれの特徴をミックスした作品の展示や店舗でのデコレーションなどを行う活動に力を入れています。

伝統的な要素をPOPに表現することで老若男女さまざまな方へアプローチし、創造から体験までを通じて循環させる表現をしています。

アートを表現する側と受け取る側への思いは、世界中の人を笑顔でHAPPYにしたいというメッセージが込められています。

 

2017年に本格的にスタートしたおでんはアートを通じ笑顔になるプロジェクトの提案をしています。 

 


【odenがインターネットラジオ”ポジラジ”に新メンバーと一緒に出演しました!】

ポジティブな人々をフューチャーした内山麿我さんのラジオ番組に出ています。

ODEN誕生のきっかけや、メンバーとの出会い、そして新メンバーのご紹介など楽しくおしゃべりしています。

インターネットラジオですのでいつでも視聴が可能です。

ぜひ聴いてみてください。

https://pojiraji.com/maro/10


【ニュース速報!リサイクルアート展】

札幌のキタサンHIROBAにてリサイクルアート展最終日、及び受賞式が行われました。

北海道内はもちろん、沖縄まで全国から応募があった中グランプリが発表されました。

結果は、なんと一般の部のグランプリをODENが受賞致しました!!!!

沢山の方に協力いただき集めた古着を使用したコビトカバが素晴らしい賞を頂けて本当に嬉しいです、ありがとうございました!

http://www.matec-inc.co.jp/recycle-art/2018/result.html

主な使用素材

着古されたTシャツ

 

作品コンセプト

ファストファッションが流行り、手軽に衣類を購入出来る時代になりましたが、その影で大量の衣類が棄てられているという事実があります。

もったいないと思いませんか?

そんな気持ちからこの作品の制作が始まりました。

着古されたTシャツを集め、洗浄、染色、造形が、削り出した発泡スチロールにキメコミアーティストが木目込みという、染め、造形、デザイン、キメコミの技術を持つそれぞれのアーティストが持つ力によって新しいアートとして生まれ変えました。

 

アピールポイント

ポコポコした表面、まるでパズルの様な形状がとても不思議感覚になります。

そしてこの愛らしい目。何も考えてない様な表情が見ている側を笑顔にさせます。モデルとなっているのは絶滅危惧種であるコビトカバです。

捨てられ消えゆく衣類で決してこの世から消しては行けない生物を表現、少しでもみなさまに現状を知って頂けたらと思います。

 

審査員 講評

人の目を引く流行の衣類、これが入口だとしたら着古され、捨てられる衣類は出口といえます。

その出口に視点を当て、着古されたTシャツを集め、洗浄、染色など、4人それぞれの得意な分野を担当して新しい動物という造形作品を生み出した、そのリサイクルのメッセージ性と技術面は見事だと感じました。

パズルの様な表面の色彩の織り成すパステル調の愛らしい絶滅危惧種のコビトカバを生み出した造形の妙は、見る人を惹きつけるものといえます。



さぁ、はじめましょう

ODENは活動で得た収益の一部をこどもしょくどうへ寄付しています。

展示ワークショップ

都内を中心に様々な場所で

展示ワークショップを行ない活動しています。

エコで繋がるアート作品の販売をしております。

お客様とアーティストが繋がるアート作品を限定で販売するショップ。